×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前の月 / 次の月 / 最新

日陰の生活 / 2008-02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2008-02-29 Fri

お姉チャンバラ映画化 [ネタ]

ということで、ちょっと古いニュースもいくらか。

お姉チャンバラ映画化。
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/02/06/004/

魁!男塾やら少林少女やらカンフー君やら、
ネタ的映画がどんどんできてきていて嬉しい限り。
全部見ます。

http://www.onechanbara-movie.com/

日陰の花 ホーム

久々にメーラを開く [雑務]

前回が1月だった。あはは。
未読メール600件。
Webメールでいくらか見ていたのでまだマシだが、
そうでなかったら2000件位行っていたはず。

愛をこめて花束を [Superfly]

仕事が嫌になったので、久々にさっさと帰ることとする。
と言っても、明日はどうせ休日出勤なんだがな。

早く帰る理由も実はあって、
SuperflyがTVに出るからなのであった。
愛をこめて花束を、良い曲なのだが、
やっぱり原曲の方が好きだし、Betterであるという認識は変わらない。
まぁそれはともかく、一日に3回もTVで聴けたのは嬉しい。

iTunesではこちらから → Superfly - 愛をこめて花束を - EP

2008-02-20 Wed

榎本くるみアコースティックワンマン!@GrapefruitMoon [Live][榎本くるみ]

全ての仕事をほっぽり出して、
午後からは1ヶ月前以上から予告していた通りに休んで東京へ。
とても空気の汚い晴れた日中の東京。
ダウン気味の気分にはあまり良くないな。

電車を乗り継いで三軒茶屋のGrapefruitMoonへ。
榎本くるみのアコースティックワンマンを聴きに。
日が沈んでいく中を2時間弱待つことになってしまった。
それでも最前列、センター下手寄りを確保。
考えてみれば、今まで6回行った中で3回が最前列っていうのは運が良いんだろうな。

心のカタチで始まったステージ。
素晴らしい、と書くのも陳腐だが、とかく素晴らしい歌声に何度も涙腺が緩む。
榎本くるみのステージはぎこちない。
きっと歌以外のことはあまり上手にできないのだろう。
MCを聞いていると良く分かる。
それでも、歌詞とメロディーライン、そして歌声は余人を持って代え難い。
アコースティックで聴けばなおさら。
飾られないだけに、歌の力がストレートに表現されるもので。
命を削りながら絞り出されるかのようなその歌に癒される。

それにしても、アコースティックな榎本くるみは良いなぁ。
特に「打ち上げ花火」、最高です。
思い出すだけで涙が出ます。
榎本くるみ - 打ち上げ花火 - Single - 打ち上げ花火

Set List (Thanks to Kさん)
1. 心のカタチ
2. 素晴らしい世界
3. 未発表曲(ビューリフォー、というらしい)
4. 打ち上げ花火
5. 雨降り小僧
6. RAINBOW DUST
7. ジャングルジム
8. 夕陽が丘
9. みんな元気
10. とぎれなきバトン
11. CURE
12. 愛すべき人
13. 未来記念日
E-1. Crazy for you (マドンナのカバー)
E-2. リアル

4月18日に、またワンマンをやるとのこと。
残念ながら仕事の関係で行けないが。

あなたをフルーツに例えると、 [SPAM]

どうやら俺は干し柿らしいwww

From: 美子<fruitymiko@yahoo.co.jp>
Subject: (SPAM) あなたをフルーツに例えると、
干し柿ですね。
まさにあなた自身を具現化していると思いませんか?

はじめまして、美子と申します。
あのしわしわした干し柿を口にふくみ、舌でひとしきり転がした後で
中に入っている種をちゅぱちゅぱと吸い出してしまいたくなるのですが、
特にあなたの干し柿には注目せざるを得ません!
これまで苦痛に満ちた人生という風にさらされ、
耐える美学を極めた日本人として、世界に恥じない風格を醸し出しています。
あなたもそれは感じている筈ですよね。

そこでご相談なのですが、
キング・オブ・ザ・ホシガキの異名を持つあなたの干し柿がお風呂に入った後で
だらしなく伸びきったところをわたしに賞味させて頂けないでしょうか?
もちろん、冷え切ってカチコチになっている干し柿でも大丈夫です。
わたしの頬に当てて、人肌に暖めてから味あわせていただきます。
もちろん無償で私があなたの大事な干し柿を食すわけにもいきませんので、
それなりのお礼も考えています。
一般的な高級干し柿が一房5〜8000円程度ですが、
あなたの干し柿はこの世にたった1つ。
種に至っては2粒しかございませんし、
その希少価値を考えると100倍以上の価格設定は間違いないと思います。
その価値は十分あると真剣に思っています。

どうしてもあなたの干し柿を手に入れたいので、
http://**********/
こちらにわたしの自宅の住所や電話番号などの連絡先を明記しておきます。
美子で探してもらえればすぐに分かるはずです。

それでは干し柿の件、よろしくお願いします。

2008-02-19 Tue

今年のフェスどうしよう [フェス]

そろそろ来年度のフェスが始動。
SunSetLiveは別格として、他にどこに行こうか悩み中。
時間と金と体力とでどうバランスを取るか。
FUJIやEZO、RockingOnは仕事が忙しい時期故に行けない分、
春と秋はできるだけ行きたいところ。

今悩んでるのが、ARABAKIかRock on the Rockか。
アウトドアではhttp://www.naturalhigh.jp/は今年も開催されるだろうし、
名古屋のSAKAE SP-RINGにはきっと行くし、
でもその合間を縫って普通にライブにも行くだろうし。
悩みは尽きない。
まぁ結局直前に券取れたらってことになるんだろうけど。

ANA Suica [Suica][電子マネー]

ついにANAとSuicaが手を結んだ。
もし一枚のANAカードVISAでSuicaとEdyが使えれば、
最強カードになることは間違いない。
VISAならiDも使えるし。

MPG2JPG [フリーウェア]

http://novolization.hp.infoseek.co.jp/pro.html#mj
とあるDVDをwmv化する必要があり、探して使ってみた。
早い上に分かりやすくて良いですな。

もっとも、リッピングに時間がかかってないので、
映画のように長大な動画を変換する場合はどうか分からんけど。

2008-02-18 Mon

変質者 [ネタ]

Yahooのアバター。なのだが、
どこからどう見ても変質者にしか見えへんぞ…。

これは酷い

2008-02-17 Sun

2008-02-16 Sat

オリンパス、光学20倍ズーム搭載のコンパクトデジカメ「CAMEDIA SP-570UZ」 [写真]

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/02/13/019/
今度は光学20倍ですか。
筆者の持っているSP-550UZは18倍。
1年で+2倍。欲しい…。

撮れ撮れフォトコンテスト [Art][写真]

http://journal.mycom.co.jp/ad/contest/toretore/01/
3月6日締め切り。
いっときましょか、これは。

鮪のノド肉煮込み [夕食]

来週は給料日だし、今日は休日出勤したし…
と言うことで、ちょっと贅沢して
お気に入り回転寿司のスーパー回転寿司やまとへ。
寿司だけ食べて¥3,000くらいになるので、
実はあまり安くないのだが、
魚が美味いのでたまに行っている。

今日のヒットはは鮪のノド肉煮込み。
一日限定5食らしいが、誰も頼む人はいないらしい。
20時過ぎに行ってもまだOKだったんだからなぁ。
醤油と酒で甘辛く煮付けた鮪のあら炊き。
ゼラチン質の身と上質な脂。激ウマ。
なのに一皿¥680。
これ、普通の居酒屋で頼んだら倍はしますよ…。

探したら、やっぱりあった。クーポン付き。
http://www.yamato-f.com/

3時間だけのために [お仕事]

昨夜は体力切れにつき、さっさと帰ってしまったので、
替わりに本日、休日出勤なのでございます。
わずか3時間で終わる。
はぁ…。

2008-02-15 Fri

人のセックスを笑うな [映画]

エッセイが面白くて好きな、山崎ナオコーラの作品を映画化。
と言いつつ、原作は読んでいないのだけれど。
「人のセックスを笑うな」。
とある夜更けにトンネル内で女を拾うところから始まる妙な出会い。
ダメ男が美女に翻弄され、そのダメさが徹底的に滑稽。

前に見た「シルク」「ラスト、コーション 色|戒」とは違い、
年齢制限はかかっていないのだが、永作博美がメチャメチャエロくて可愛い。
とにかく可愛い。見た目だけでなく、演技も可愛い。
あんな女に翻弄されるのはこりごりだ。
…が、近くにいたら絶対はまり込むことは間違いない。
いや〜、いいなぁ、永作博美。大好きです。

逆に、蒼井優には全然エロさがなく、それはそれでかわいらしい。
永作博美とはまさ正反対で好対照。

そして松山ケンイチのダメ男さがまた良い。
魅力溢れる美女にはまっていく若きダメ男の姿がとても良い。
というか、見ていて痛々しい。自分みたいで。
それは置いておいて、
「NANA」や「蒼き狼 地果て 海尽きるまで」はとても見られたもんではなかったが、
ダメ男役はとてもハマリ役。
Death Note でもL役をうまく演じているようだし、
正統派な役よりは、ちょっとズレた役の方が向いているのかもね。
また、忍成修吾演じる堂本も、ポイントを突いた寒々しさが良い。
勿論、こちらも見ていて痛々しい。ますます自分みたいだ。
恋は盲目。
でも客観的にはとても痛々しい。だからこそ、それが恋。

カメラのほとんどが固定で、焦点を無限遠にしているのも面白い。
客観的な印象を与えるだけでなく、妙な滑稽さを加える感じ。
キャストは皆、どこかよそよそしくて現実離れした空気をまとっているのだけれど、
それが逆に親しみを呼ぶ。

それにしても永作博美、ホントにイイ。
特に、ガラス越しに舌出して立ち上がる顔。最高です。
宮あおいと共演していた「好きだ、」でも大好きだったのだが、
今回また惚れ直したというより惚れ増した感有り、ですよ。うん。

http://www.hitoseku.com/

2008-02-14 Thu

NFACE [フリーウェア]

http://www.linklinklink.ne.jp/nface.htm
Image2Prnを探しているときに発見。
証明写真作成ソフトウェア。便利そう。

Image2Prn [フリーウェア]

http://www.geocities.jp/is3000nx/soft/tool/#img
諸事情により、写真をまとめて印刷する必要があり、
アルバム機能付き印刷ツールを探す。
とりあえず操作が簡単そうなImage2Prnを使ってみる。

○長所
・操作が直感的で分かりやすい。
 便利なので今後も使うことでしょう。

○短所
・デカイ画像を喰わせると、途端に塗炭の苦しみが。
 縮小専用。とかで圧縮しておいた方が良い。

2008-02-13 Wed

Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック [MS-WORD][Excel][PowerPoint]

pptxなる拡張子のファイルが送られてきた。
あぁ、これが噂のPowerPoint2007か。
とりあえずコンバータを導入。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=941B3470-3AE9-4AEE-8F43-C6BB74CD1466&displaylang=ja

2008-02-11 Mon

百楽門 [夕食]

お気に入りの中華料理屋の百楽門にて一人ディナー。
雑炊と海鮮水餃子。
併せて¥798。
毎度のことであるが、雑炊美味。

ラスト、コーション 色|戒 [映画]

第2次大戦時の香港と上海。
抗日運動に身を投じる女と日本軍の手先の高官。
強い猜疑心を持った高官を騙して暗殺するために、
女はスパイとして自らの身を捧げるしかない。
猜疑心を乗り越えて目的を達することができるのか。

深みにはまり込むと抜け出せないのは男も女も同じ。
性欲という、人間の本質的な欲望に捕らわれたのであればなおさら。
そんな蟻地獄からの出口が愛情であるというのは皮肉だ。
そして、事象を客観的に見られないこともまた、哀しく愚かである。
最後には悲哀しか残らない。

最近よくある18禁です。濃厚な絡みシーン付き。
まぁそれは抜きにしても、
第二次大戦期の、どこか暗い空気を良く表現した映画だと思う。

http://www.wisepolicy.com/lust_caution/

2008-02-10 Sun

SHIRO & INAMI presents 『10×11』 【DOBERMAN vs THE BAWDIES】@新宿Loft [Live]

1月は色々あって音楽イベントには参加できず仕舞い。
今日、今年初Liveとして新宿Loftへ。
Q & Mとともに、
SHIRO & INAMI presents 『10×11』 【DOBERMAN vs THE BAWDIES】に参戦。

冬の間に溜まった脂肪が重い。
Rさんに迎撃され、踊って脂肪を燃やす。ひたすら燃やす。
その意味では、今日のメンツは最強。

まずはTHE BAWDIES。
4ピースのロックンロールバンド。
アツい音にヤられて踊りまくり。ツイストですよ、ツイスト。
洋楽は聴かないのでうまく表現できないが、
ちょっと古めのノリの良いハードロックという感じか。
改めて聴いてみると、MySpaceで聴くより、断然ライブの方が良い。
そしてファンと思しき女性の方々は皆須らく美人なのであります。素敵。
http://www.myspace.com/thebawdies

DJ Stageで見ず知らずのおねーさんと踊っていると、
いつの間にかDOBERMANのステージが始まっていた。
SunSetLive以来の彼らのステージ。
ハコの狭さが狂気を増幅してオーディエンスを狂わす。
楽器隊の重厚なサウンド、吉田悶絶さんのハスキーヴォイス、
そしてケンジさんの狂ったキーボード&アコーディオン。最高。
さすがにモッシュは激しく、Qちゃんは吹っ飛ばされていたが、
Rain Rainを始めとする数々の名曲ではフロア大合唱。
気付けば2列目。そしてRさんその他多数の方々と低空。
それにしても前の方はさすがにしんどい。明らかに酸素濃度が低い。
何度倒れそうになったことか。
でも、演奏が始まると不思議と復活してしまう空気。
アンコールその1では、ステージからシャンパンフルボトルを直接戴いてしまう。
あの後どこ行ったんだろう、あのボトルは…。

3月と6月にも東京に来るらしい。また行かねば。
結成10周年ということでベストアルバムも出すらしい。
そして願わくば、今年もSunsetに、さらにCrossZeroにも来てほしい。
http://www.myspace.com/japanesedoberman

神田ステーションホテル [宿][神田]

上野での諸事の後にライブ、そして翌日は丸の内で同期会につき、
東京に宿を取る。
大きな荷物を抱えて筑波まで戻らなくて良いのはやっぱ楽。

翌日のことを考えて東京駅までのアクセスが楽なところへ。
という事で神田ステーションホテルに泊まる。
駅から徒歩3分。素晴らしく楽なアクセス。

最近改修したそうで、非常に綺麗。小奇麗という表現がぴったり。
中は狭いが、一通り必要なものは揃っている。
勿論、高速インターネットも使用可。
東京に泊まる機会があれば、次もここにしよう。

欠点は、ホテル付近に
「マッサージ如何ですかぁ」の片言のおねーさん方が多いことかな。
神田駅から3分で着くのに、2度も声をかけられ。
しかも腕までつかんで来るとは何事か。
http://www.kandasth.com/

2008-02-06 Wed

グランドホテル中野 [宿][中野]

明日から中野にて研修のため、
中野駅からちょっと離れたグランドホテル中野泊。
普通のビジネスホテルだが、
造りは明らかに元ラブホだな、これは…。

設備は必要最小限で、あまり新しい印象は無いが、
部屋が割と広めで快適。
だが、インターネットに繋げないことと、
Web予約で1泊¥9k、
そして無料朝食無し。
東横インのデラックスな部屋と比べても、
どうしても割高感を覚えてしまう。
でも中野のホテルは、ここと中野サンプラザしか無いからなぁ。
それ以前に、中野に泊まる用事なんてそんなに無いのではあるが。

雪中会 [呑み]

音楽繋がりの友人と渋谷の某オヤヂ系居酒屋で呑み。
雪中の会、なかなか楽し。
ひたすら梅酒。
でも梅酒じゃぁなかなか酔わない。

唐揚げ・焼そば・茄子味噌炒め・コロッケ・牛レバ刺しが美味。
つまり、全部美味いということなのですがね。

東京週間 [お仕事]

毎日東京に行かなければならないと言う1週間の中日。
さすがに疲れが溜まってきた…。

吹雪いているので変則的な出張経路。

午後から2つ会議。あぁしんどい。

2008-02-03 Sun

陰日向に咲く [映画][宮あおい]

前日が封切。レイトショーで。

ギャンブル狂いで借金に追われる青年、
母親の足跡を辿る女、
口だけのホームレス、
家庭崩壊の中年サラリーマン。

一方で、売れないアイドルと追いかけるオタク。

東京の夏の終わり、台風前後の1週間を、
ある意味、底辺の者達が生きるその姿を描いた映画。
男女の愛とは。
家族とは。
そして人生とは。

劇団ひとりが原作の作品であるが、まさに傑作。
笑いで始まる映画なのだが、最後は涙が止まらなかった。

人間、生きているとしがらみやら何やらで色々溜まっていくもので、
でも一方、長く生きていると意地なんかも強くなっていく面もある。
だからこそ、一度距離ができてしまうと、
なかなか元に戻すことは難しい。
ただ、元に戻すためにはちょっとしたきっかけに乗っかって、
ちょっとだけ素直になれば良い。
泣きたいときは泣けばいいんだ。

エンディングはケツメイシで、これがまた良いのだが、
個人的にはSuperflyの「愛をこめて花束を」の、
しかも旧バージョンを使って欲しかったな。
偶然にしては出来すぎな位に、
「愛をこめて花束を」の歌詞は、この映画をそのまま描いている。

演技も素晴らしい。
西田敏行、岡田准一、そして宮あおいらの陰。
人間の業というヤツがスクリーンからにじみ出る。

2月にして、今年の映画My Best3位以内は確定だな。
http://www.kage-hinata.jp/

2008-02-02 Sat

myspace散歩 [myspace]

myspaceを散歩。色々とお気に入りも。
http://www.myspace.com/commodoslightfever

ニコニコオールスターGONG [ネタ]


コレ作った人、神。

iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」 [DJ]

http://journal.mycom.co.jp/column/music/074/
iPod持ってないけど、コレ欲しい…。

2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2014-03-09 21:23