×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ChangeLog 最新ページ / カテゴリ最新ページ / 1 2 3 次ページ / page 1 (3)

Art - 日陰の生活

最終更新時間: 2014-03-09 21:23

2011-07-02 Sat

第9回成美会展 [Art]

職場の同僚さんが展示されると言うことでお邪魔する。
なんばのど真ん中。

日陰の花 ホーム

2010-06-18 Fri

ANA、7月16日からガンダムジェットを就航! オリジナルガンプラも限定販売 [Art]

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/16/030/
初代ガンダムはあまり好きじゃないが、
この青いカラーはなかなか良いな。

2010-05-17 Mon

プラモデルの余った部品で作ったガンダムがスゴイ [Art][ネタ]

http://blog.livedoor.jp/christmas1224/archives/3167818.html
プラモのバリで作ったガンダム。すげー。
そしてこんなにバリを集めた筆者に、ある意味敬意。

2010-04-07 Wed

「ジェイソンさん」手彫りで 唯・澪・紬を彫る!「けいおん! [Art]

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10292229
これ、ホント凄い。
そもそも何で折れないんだろう。
木彫だぞ。

2010-01-22 Fri

海外の広告SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!! [Art]

http://afoafodayo.blog84.fc2.com/blog-entry-578.html
メモ。

2010-01-20 Wed

ストローアート [Art]

http://www.geocities.jp/min_pda/straw-menu.html
これ、すごい。
特にエビ。まさにアート。
http://www.geocities.jp/min_pda/ebi-story/straw-story.html

2009-11-22 Sun

眼をとじて “見ること”の現在@茨城県近代美術館 [Art]

職場で招待券を入手したので行ってみる。
と言うより、免許の更新でわざわざ水戸まで行ったのは、
これが見たかったから。

小林孝亘さんののっぺりしたポートレートと家の画が良い。
太っ腹にも、以下で全て見られる。
http://www.mangost.gr.jp/kobayashi/works-set-j.html
特に1996年作のHouse。
ベタ塗りの中にあるリアル。
暑い夏の木漏れ日が良く伝わってくる。

そして岡村桂三郎さんの巨大屏風。
あの屏風には何か取り憑いている。
近寄っただけでその気配を感じたのは、
地元にいる頃に見たムンクの「マドンナ」以来だ。
単に迫力の問題ではなく…。

最近はめっきりつくば市美術館以外に行っていなかったので、
本格的な広い美術館に行くのは久々で感動。
ロビーにロダンが普通に置いてあったりとか。
すごいぞ茨近美。
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/

2009-11-01 Sun

笹井史恵 × 田嶋悦子 イン・ザ・フラワーガーデン@茨城県つくば美術館 [Art]

つくば美術館で開催されていた展示会へ。
田嶋悦子さんの陶芸と笹井史恵さんの漆器。
笹井さんの漆器のかわいらしさと、
田嶋さんの陶芸のエログロさがものすごく対照的。

2009-02-05 Thu

That's撮れ録れフォトコンテスト [Art]

http://journal.mycom.co.jp/ad/contest/toretore/
また開催。
そしてまた出してみましょうか。

2009-01-05 Mon

青木龍山の世界@福岡三越9F三越ギャラリー [Art]

1/5、福岡三越の三越ギャラリーに行ってきた。
「青木龍山の世界」。
有田焼なのに真っ黒な黒釉を用いた作品群で文化勲章を受章した青木龍山。
鉄分の黒と朱が絶妙なコントラストを醸す。
その色にすることにより、器のフォルムが引き立つ。
暗いギャラリー内に、暗色の巨大な花器が並ぶ様は、
多数の黒子が何かを主張しているかのよう。

茶碗や一輪挿しのような小物もあったが、
あまり琴線に引っかかるものは無かった。
比較するのは無粋ではあるが、
昨年のちょうど同じ時期に見た、三輪壽雪の方が好み。
青木作品には、三輪作品に感じたような生命力は感じなかったからだ。
茶碗一つに心奪われたか否か。その差。